コンテンツにスキップ

比較

このミニKVMはKVM-over-IPとどう違いますか?

  1. ネットワーク独立性: 当社のOpenterfaceミニKVMは制御用に直接USB接続を使用しますが、KVM-over-IPはネットワーク接続に依存し、新しいターゲットデバイスのセットアップに追加の労力と時間が必要です。
  2. 安定したパフォーマンス: ミニKVMはネットワークの品質に影響されずに迅速かつ安定したパフォーマンスを提供します。一方、KVM-over-IPはネットワークの速度と安定性の影響を受けることがあります。
  3. 携帯性: ミニKVMは携帯性と使用の容易さを考慮して設計されており、ネットワークアクセスが限られているか利用不可の不確かな状況に対処するのに適しています。
  4. 直接ファイル転送: ミニKVMは、USBスティックを差し込むことで、ホストとターゲットデバイス間の安定したファイル転送をサポートする切り替え可能なUSB-Aポートを備えています。これは、一部のKVM-over-IPソリューションでは直感的でないかもしれない機能です。
  5. 対象ユーザー: ミニKVMは、近くのヘッドレスデバイスの設定やトラブルシューティングを迅速かつ確実に行う必要がある技術愛好家やIT専門家に特に適しています。一方、KVM-over-IPは安定したネットワーク環境でのリモートアクセスが優先される場合に使用されます。

これは従来のKVMソリューションとどう違いますか?

  1. 携帯性: OpenterfaceミニKVMは携帯性を考慮して設計されており、コンパクトなソリューションが必要な技術愛好家やIT専門家に理想的です。カッコよくて、バックパックに入れて持ち運び可能なほど小さいです。従来のKVMスイッチは、24/7運用のための固定設置に適しており、一般に大きくなります。
  2. 制御メカニズムと統合: 従来のKVMスイッチは純粋なハードウェアベースの切り替えメカニズムを使用し、一度に1台のコンピュータのみを制御できます。対照的に、OpenterfaceミニKVMはハードウェアとソフトウェアを組み合わせており、ホストコンピュータまたはホストラップトップ上の単一のインターフェースを通じてホストとターゲットデバイスの両方を制御することができます。この統合されたアプローチは、ホストとターゲット間のアプリウィンドウレベルでのシームレスな切り替えを容易にし、作業効率を大幅に向上させます。
  3. 機能性: OpenterfaceミニKVMはUSBとHDMIビデオキャプチャを介した1対1の直接制御に焦点を当てていますが、従来のKVMスイッチはUSB、VGA、DVI、HDMI、オーディオサポートを含む多機能制御や、場合によってはネットワーク上でのリモートアクセス機能も提供することがあります。
  4. 電源供給: ミニKVMは外部電源を必要とせず、ホストからのUSB-C接続を通じて電力を供給されるように設計されており、その携帯性が向上しています。従来のKVMは固定解決策であり、追加の電源供給が必要です。

Openterface Mini-KVM、従来のKVM、およびVNCとの比較

比較カテゴリー Openterface Mini-KVM 従来のKVMスイッチ 従来のVNC
🎮 方法と制限 ローカル、ケーブルに制限される ローカル、ケーブルに制限される ローカル/リモート、ネットワークに制限される
🚀 携帯性 高携帯性、設置簡単 固定、かさばる ソフトウェアベース、該当なし
🛠️ 設置の複雑さ プラグアンドプレイ、最小限の設置 モデレートな設置、周辺機器が必要 ネットワークとソフトウェアの設定、複雑
🖥️ コントロールインターフェース ホストソフトウェアインターフェース 物理的スイッチインターフェース ホストソフトウェアインターフェース
👁️ ユーザーインターフェース 直感的なアプリベース 物理的な切替、ソフトウェアなし 変動するソフトウェアインターフェース
🔄 OS間の互換性 複数のOSと完全に互換性がある モデルと接続に依存 互換性のあるソフトウェアが必要
🖼️ 画面解像度 HDMI経由で高品質 ケーブルとKVMによって異なる ソフトウェアとネットワークによって異なる
🔑 BIOSへのアクセス あり あり なし
📁 ファイル転送 スイッチ可能なUSB-A経由でのハードウェアベース 利用不可 ソフトウェアベース、ネットワーク依存
💻 マルチデバイスサポート 1対1、ホストとハードウェアに依存 1対N、物理的設定に依存 N対N、ネットワークとソフトウェアに依存
🔌 ケーブル&アクセサリー ケーブルが少ない(HDMI、Type-CからUSB-A) 複数(ビデオケーブル、キーボード、マウスなど) ネットワークが必要
📱 ソフトウェア macOSホストアプリが必要 基本操作に追加ソフトウェアは不要 ホストと対象の両方にクライアントソフトウェアが必要
⚡️ 電源供給 外部電源不要 外部電源がしばしば必要 該当なし(ソフトウェアベース)

上記の比較表は、各ソリューションが異なるユーザーのニーズとどのように一致するかの明確な概観を

提供するために設計されています。これにより、あなたのユニークな設定に最も適したオプションを選ぶのに役立ちます。

要約すると、Openterface Mini-KVMは、その^携帯性、設置の容易さ、そして直感的なアプリベースのコントロールインターフェース^で際立っています。それは、ネットワークや外部電源を必要とせずに、1対1のホスト-ターゲット間の安定した高品質な接続を提供することで優れています。対照的に、従来のKVMソリューションは、複数のデバイス間で物理的に切り替えることを提供しますが、しばしば携帯性と設置の簡単さのコストがかかります。VNCは、ネットワークを介して複数のホストが複数のデバイスに接続できる柔軟性を持っていますが、ソフトウェアとネットワークの品質に大きく依存しています。

Avatar

もっと読む 📖

FAQs
Avatar

質問?🤔

Subredditで尋ねる